奏来の風ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと月過ぎて

保育園に入園して、早いもので、もう1ヶ月が過ぎようとしている。

下のクラスから進級した子10人。 新入園児10人の20人のサクラ組。
慣らし保育がGW明けまでとなっている。(慣れ具合によって、親の仕事の都合などによって、通常保育になる時期はそれぞれ違う。)
新入園児は園に慣れなければいけない。親と離れて過す時間に慣れなくてはいけない。保育してくれる先生と信頼関係を作っていかなくてはいけない。
新入園児は、やっぱりどの組の子も泣く。
進級した子は、泣く子に戸惑ってしまう。一緒になって泣いてしまうケースも多いらしい。

10時に朝の集まりがある。その時間まで、進級児は外遊びを。新入園児は、各クラスで担当の先生と遊ぶ。(一クラス2人担任+パート職員)
3月から慣らし保育に通っていた奏来ちゃん。
教室が変わった事。新しいお友達が増えた事もあり、室内遊びを。
バイバイの時、笑顔で手を振る事もあれば、泣いている子につられて・・・って事もある。
ママとのしばしの別れに泣いて・・・って事は無い。
早くから慣らし保育をしてもらっていたのが良かったンだろうな。
それに、担当の先生の一人は3月に見てもらっていた先生。もう一人は、昨年度 三女がお世話になった先生。
顔を合わせる機会の多かった先生達が担当になったのも良かったンだろうな。

お友達も「奏来ちゃん。」「奏来ちゃん。」と、沢山 声をかけてくれる。
一切声を出さず・顔色一つ変えずの奏来ちゃんだったのに、最近、笑顔を見せたり、帰り際には「バーバーイ」と声を出し手を振ったりする。

正直、早かったかなぁ?と思っていた。不安で心配で溜まらなかった。
ずっと傍についていていないと。って思っていた。
上の子達を、保育園・学校に通わせていた時と違う感覚。
障がいが・・・に、私は捕われ過ぎていたし、甘過ぎる綿で包み過ぎていたと思う。
今でも、不安で心配は、当然のようにある。
今でも、やっぱり、ずっと傍にいたいと思う。
でも、前と、ちょっと違うんだよなぁ。
なんて言えばいいのかなぁ。

健常児の中に・・・ってのが、怖かった。のかもしれない。
保育園に入って、劇的に何かが成長したわけじゃないけど、彼女の中にも私の中にも、何か変化が起きている事は間違い無いわけで。
ひと月過ぎて、奏来ちゃんも私もまたちょっぴり前に進んでいるなぁ。って感じです。









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。